「からくさ図書館来客簿 第三集~冥官・小野篁と短夜の昔語り」  仲町六絵

平安時代に実在したらしい小野篁と 元斎宮だった 時子が
現世に出没して 私設図書館で仕事をし
「道なし」と呼ばれる幽霊(?)を 無事天道へと送り届けている。

このシリーズは 過去の出来事ではなくて
平安時代の人達が 現世にもすっかり馴染んで
昔をたくさん留めている京都の町で
暮らしているという設定が面白い。
昔の行事や 人物なども 解説されていて楽しい。
シリーズが続いているようなので しばらく読んでいきたい。

小野篁は史実でも 隠岐に一年ほど島流しになっていたようだが
その地を再び訪れ 当時に知り合った女性を 天道へと導く。

滝沢馬琴も登場してくる。
清明さんも 以前小説でファンになったので 
出番があると楽しい。






スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2018/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク