「水鏡推理 Ⅵ クロノスタシス」   松岡圭祐

このシリーズ 順番通りに読んできたのだが
今回は Ⅴより先にこのⅥを読んでしまった。

このシリーズは特に 敏感に世相を反映しているように思う。
今回は過労死問題を取り上げている。
文科省研究公正推進室に勤務する一般職の水鏡瑞希は
総合職の須藤と共に 「過労死バイオマーカー」の評価をするという
任務を与えられた。
過去の事件ではなく つい最近起こった出来事にも関連しているので
興味深く 楽しく読むことができた。






スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク