「最後の晩ごはん 小説家と冷やし中華」  椹野道流

「最後の晩ごはん」シリーズ 2冊目

たいして苦労もせず ミュージカルに出演したり
TVの料理ショーに出ていた「五十嵐海里」は
偽の芸能ゴシップで 芸能界を追放されてしまう。

実家にも拒否され
行き着いたのは 兵庫県芦屋市にある 小さな定食屋だった。

夜~真夜中~明け方だけ開店する「ばんめし屋」のオーナーである夏神や
近所の常連さんである小説家・淡海 そして その店に現れる幽霊や
メガネ姿(人間にも変身できる)のつくも神・ロイドなど 様々な登場人物との
交流が楽しい。
今回は 役者時代の仲間が 店にやってきて
マスコミにかぎつけられる~という話。

幽霊や つくも神など登場してはいるが
決して おどろおどろしくはなく
あっさりさわやかに楽しく描かれている。

続けて 次作も読む予定。。。






スポンサーサイト
11 | 2017/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク