「家康、江戸を建てる」  門井慶喜

私はタイムマシーンで過去に戻ることができるのなら
まず 江戸時代に行ってみたいものだと思っている。

現代の文化や風習の元になったのは
江戸時代からのことが多いし
何より 一つの政権が250年以上も続いたのは
驚異に値することだと思う。

この本では
私がこれまで江戸の起こりについて感じてきた
様々な疑問を かなり解明してくれていて
とても楽しく読むことができた。
歴史書ではないので
フィクション部分も多いのだろうが
根本的なことは史実に基づいているのだと思う。

荒野だった江戸の地を干拓し
利根川の流れを替え
貨幣制度を確立し
そして 江戸城を建てた。

実際に活躍したのは
ここに登場する 今の歴史の授業には
ほとんど出番のない人達だけれど
おそらく 家康は自分でおおまかな案を練り
実行する人物も選んだのかもしれない。

江戸城跡は
まだ見学したことがないのだけれど
この本を読んだ後でなら
じっくり感慨にふけりながら眺めることが
できそうだ。。。











スポンサーサイト
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク