「風のベーコンサンド 高原カフェ日誌」  柴田よしき

バブルの頃は ペンションブームで賑わい
そして今は たくさんのペンションが閉じられ
巡回バスもなくなり 寂しい状況となっている~
そんな百合が原高原のペンションを改装して
カフェを始めたのは 夫と離婚寸前の菜穂である。

地元の美味しい 新鮮な食材や パンを使い
次々と楽しいランチを生み出している。

そんな彼女と まわりの住民たちとのやり取りが
描かれていく。
のんびりではなく やや不安をはらみながら~
エキサイティングな内容ではないけれど
涼しい風の吹き抜ける高原の風景を思い描きながら
読み進めていった。

もう少し スパイスが効いていた方が 私好みかも。。。


スポンサーサイト
05 | 2015/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク