「クローバー・レイン」  大崎 梢

大崎梢の作品には 書店や出版社がよく登場してくるのだが
今回は 出版社の編集者である工藤彰彦が主人公。
老舗大手出版社の「千石社」で 順調に仕事をしている。

売れない作家さんの作品を出版できないからと返却したりするのに
心を痛める まだ若き編集者のようだ。
ある日 あまり売れてない作家の作品に目がとまり
どうしても出版したくて 奔走する。

本を書く人
編集さん
営業の人
そして それを売る人
本には それぞれにドラマがあるのだなあと思う。

読書が大好きなわたしには
こういう系のストーリーは楽しい。

スポンサーサイト
11 | 2014/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク