「喧嘩旗本 勝小吉事件帖」  風野真知雄

先日読んだ 「喧嘩旗本 勝小吉事件帖 どうせおいらは座敷牢」の前の作品。
こちらを先に読んだ方が良かったのだけれど…

勝小吉は あの有名な 勝海舟の父親であり
赤ちゃん~幼児の海舟(この頃は 臨太郎)も登場して
大活躍している。

小吉は子供の頃から悪さばかりしていて
それは結婚しても治らず 家族に座敷牢に入れられている。

喧嘩と暴れるのが得意の小吉で 学問もないのだが
なぜか 頭のひらめきは良く カンが良いので
座敷牢に入ったままでも 巷の事件を解決していく。
ただ その目的が 正義の為などではなく
お上には訴えず その代わりに 代償を求めるとことが
どうもいじましいのだが… たいてい それは失敗しているのも楽しい。

私はこういう短期で 喧嘩ぱやい男は好きではないけれど
ぜ~ったい 夫いしようなどとは思わないけれど(笑)
ま 小説の中だし なんたって あの勝海舟の父上だし~

これからも続いていって欲しいシリーズだ。

スポンサーサイト
04 | 2014/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク