「桜ほうさら」  宮部みゆき

宮部みゆきの描く江戸庶民の暮らしが好きだ
実際にタイムトリップして江戸時代を覗いて来たのでは?と
思えるほど 庶民の暮らしぶりや風景が細かく丁寧に描かれていて
読んでいる間中 私もお江戸にどっぷり浸かっていたような気分になれた。

古橋笙之介は国元で父親が無念の死を遂げ 今ではある役目を仰せつかって
江戸の貧乏長屋で暮らしている。
貸本屋の依頼で写本をして暮らしを立てている。

気の良い人ばかりの長屋暮らし
ちょっぴり恋話もあって…
時折 事件も起きたりして…

根底にはシリアスな事件があるのだけれど
全体的には 明るく楽しい。

スポンサーサイト
07 | 2013/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク