「謎解きはディナーのあとで 2」 東川篤哉

国立署の刑事・宝生麗子は正真正銘のお嬢様なのだが
それを自慢することもなく これまた金持ちボンボンの風祭警部の
さりげない自慢の連発にも うまく対処している。
麗子の家の執事である 影山は 事件の度に麗子から得た情報だけで
さらりと事件を解決してしまう。

こんなベタな設定で ひねりのないストーリー展開であるにも関わらず
楽しく読むことができるのは不思議だと思う。
このシリーズ2作目を読んでみて やはり彼女の自慢しない ユーモアのある
その性格に惹かれるのだと思った。
執事でありながら 毎回 お嬢様の意見をやりこめるのも 魅力の一つなのだろう。

さて 麗子が惹かれていくのは
上司である 風祭? それとも 執事?
これからの展開が楽しみ…


 
スポンサーサイト
03 | 2013/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク