「萩殺人事件」 内田康夫

浅見光彦登場30周年記念企画で
この作品と「汚れちまった道」とが 同時発売され
そして その内容が お互いにリンクしているという
新たな試みだそうだ。
私は まだ この一冊しか読んでいないが
この作品の語り手は 光彦ではなく 彼の同級生である松田将明である。
上司に紹介された見合い相手と出会う為に訪れた山口県で
殺人事件に遭遇する。
そして 別件で同じ地を訪ねていた 光彦と出会い
二人は連絡を取り合う…

まだ もう一つの作品を読まないと
全容がはっきりしないので なんともいえないが
やはり 主人公は光彦でいてほしい。
松田のキャラクターが 光彦と正反対なら面白みもあるのだろうが
かなり良く似た設定なので あまり 彼の存在意義を感じない。

「汚れちまった道」を読んだ後では
感じ方が変わっているのかもしれない…



スポンサーサイト
09 | 2012/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク