「妻はくノ一」  風野真知雄

「妻はくノ一」シリーズ最終回。

平戸藩の御船手方書物天文係の雙星彦馬は、三度の飯より星が好きという藩きっての変わり者。
その彦馬は上司の紹介で妻をめとる。
楽しい新婚生活はわずか 一月で消えてしまう。妻が失踪したのだ…
どうやら 妻は くノ一だったらしい。
妻を捜して 江戸へ出てきた彦馬の暮らしぶりが 10作で 次々と描かれていく。

今回は ラスト編。
納得のいく終わり方だったので うれしい。
やはり この作品だけ読んでも つまらないので
最初から ゆっくり のんびり 彼らの世界に浸っていくのが楽しいと思う。

妻の名前は 織江。
彼女のくノ一としての 軽やかな身のこなしを想像していると
まるで 自分まで くノ一になれたかのようで…(笑)








スポンサーサイト
10 | 2011/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク