「珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を」 岡崎琢磨

書店で帯封に釣ら買い~

「爆発的人気 40万部突破 「2012このミス大賞」」


最近読んでいる 「ビブリア古書堂の事件手帖(三上延)」の
感じと似ているような~ 
ライトミステリ小説というジャンルなのかもしれない。

京都のこだわりの珈琲店のバリスタ「美星」と
語り手は その店の客 「アオヤマ」
珈琲好きで気が合う二人の距離は
近づきそうで ちかづかない…

京都の地名が登場するので
関西人の私には楽しい。
ただ 隠し玉が色々あるせいか
読み終えると なんだか すっきりしない部分も多い。
作者のデビュー作のようだから
これからは どんどん進化していくのかもしれない。




 
スポンサーサイト
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク