「洗面器の音楽」   藤谷治

主人公は小説家で
自分では 出来が気に入らなかった初めての書き下ろし小説が
なぜかベストセラーになってしまい その後は書く意欲も失せ
古書店を細々と経営している。

ある日 編集者が取材の為と言って
デリバリー・ヘルスで働く女性(麻里)を紹介してくれる。

そうして書き上げていったのが
「麻里と本城郁子と私 もしくは洗面器の音楽」(仮題)なのだが…

麻里のこれまでの人生や
麻里につきまとう男の話が綴られ

ある殺人事件の被害者が
もしかして 彼女ではないのかと不安になったり

内容がうまく説明できないが
結局 わけがわからなかったので~(笑)

でも一応読んだ記録だけ 残しておこう~








スポンサーサイト
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク