「男と点と線」  山崎ナオコーラ

1978年生まれの若い作家さんの短編集である。

どれも 独特の香りがついている。
なんて表現すればいいのだろう?
明るい雰囲気だけど 元気いっぱいでもなく
どの登場人物も 張り詰めてなくて 空気が少し抜けていて…

「慧眼」 

妻が貯めていた 離婚資金を使って 夫婦でマレーシアに移住して来ている夫婦の話

「スカートのすそをふんで歩く女」

学生時代 仲良くつるんでいたサークル仲間4人
内訳は 女性一人 男性3名
それなのに
卒業旅行の計画には 私は入れてもらってなくて…
自分から申し出て 結局男性二人との3人旅でフランスへ~

「邂逅」

サラリーマンの僕は
上海出張前に会社の隣の席の女性から 「困ったときに、飲む薬」を貰う。
大人の童話?


「膨張する話」

高校生同士の 水族館デートでの会話
男の子の話す シモネタを さらりとかわす女の子
内心では動揺しているのかも…

「男と点と線」

一途に幼なじみの女性を愛する42歳の男性は
いまや 子連れバツイチとなった女性と12歳の娘と一緒に
NYに旅する。


「物語の完結」

アルゼンチンのウシュアイアという町で
一人で日本人宿を開いている イズミさん(85歳)の話
そこに友人と泊まりに行った 駆け出し小説家の女性の目線で
綴られていく…


 
スポンサーサイト
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク