「だれかの木琴」  井上荒野

う~~~ん?!

というのが この作品の感想。

主人公 親海(およみ)小夜子は
警備会社勤務の夫と13歳のかんなと暮らす
41歳の平凡な主婦である。

新居に引越し
新しい美容院に通うようになり
その美容師とメールのやり取りをするようになる。
特にその男性のことを好きなようでもないのに
ストーカーまがいの行動をするようになる。

中年主婦は
もう世の男性は 自分のことを振り向いてくれないし
娘は 段々女性として成長している。
そんなときに 営業トークとは言え
優しく気軽に声をかけてくれると
これは 自分にだけかも~と
思い込みそうになるのは 理解できる(笑)

でも この美容師の
ここがいい~とか 素敵とかいう表現は一度もされてないのが
不思議なのだ。
美容師の彼女の勤めるブティックで
高価な服を買い それを 彼の家の前に置いたりもする。

私は長年 女性の美容師さんのお世話になっているので
こういう心配はないが~
今は美容院の予約もメールでできる時代なので
美容師さんと必要以上に仲良くする客もいるのかもしれない。






スポンサーサイト

「リストランテ アモーレ」  井上荒野

リストランテ アモーレは
杏二と姉の偲の二人で切り盛りしているレストランだ。
杏二のルックスは良いが かなりの 女たらし~女好き~のようだ。
こういう男性が作者の好みなのだろうか?
私は絶対イヤだ(笑)
あまりにも節操がなく
女性ならホンと 誰でも良いという感じで
彼目当てにやってくる店の女性客とは ほとんど~かもしれない。

井上荒野さんは 好きな作家さんだけれど
この作品は 私には合わなかったなあ。
最後まで読んだけれどね。。。


「キャベツ炒めに捧ぐ」   井上荒野

総菜屋さんをやっている三人の中年女性の物語。

私と同世代のようだ。
経営者は 江子 夫が ここの元従業員女性と仲良くなってしまい離婚するが
それでも 二人の家に遊びに行ったりしている。
麻津子は 独身だが 昔からの幼馴染のことを今でも好きなようだ。
郁子は 夫も息子も亡くなっている。

彼女たちが作る 売り物の惣菜の話題などは楽しいが
総菜屋に出入りする 米屋の若者にちょっかいを出したり
みんな オバサンくさいのに まだまだ色気があるのが
同年齢の私には不可解な出来事でもあり
うちょっと うらやましくもあり(笑)

ここに出てくる料理は
どれも おいしそうだが…
桃素麺(桃缶詰を使うらしい)は 私的には ちょっとどうかな~と思う。
イカとさつまいもの炒め煮は 一度もしたことがないが どうなんだろう?
ポピュラーな献立なのだろうか? イカは大根と炊くことが多い。
あさりのフライも一度も食べたことがないが これはおいしそう~

「ハニーズと八つの秘めごと」  井上 荒野

ちょっとビター、
でも すごく暗くはない短編が8編収められている。

「ブーツ」         ライブハウスで演奏しているバンドの話

「泣かなくなった物語」   父親の浮気相手は…

「粉」           ハブの粉

「虫歯の薬みたいなもの」  虫歯の薬みたいなものって?

「犬と椎茸」        元恋人とその妻(友人)に30年ぶりに会う

「他人の島」        惣菜工場の仲間たち

「きっとね。」       男同士の恋

「ダッチオーブン」     冷めた夫婦、夫の恋人宛てのパソコンメール

「ハニーズ」        学生時代の仲良し4人組の今

どのストーリーも
感情移入するような内容ではなく
魅力的な主人公も登場しないのだけれど…
日常生活や恋の話を
こんなコンパクトなサイズに凝縮してしまえるというのは
すごい能力だなと感心する。


「結婚」 井上 荒野

楽しい話ではなくて
主人公の生き方も気に入らず あまり気分の良い展開ではないのに
結局最後まで読んでしまった。

いわゆる結婚詐欺師が 色々な女性を甘い言葉で引きつけ
お金を巻き上げて ドロンしてしまう…
かつて そういう目にあった女性が
今も彼の近くにいて 今度はその片棒をかついでいる。

幸せなことに そういう男性に出会い 騙されたことはないので
そういう状況は想像するしかないのだけれど
やぱり他人事とはいえ 小説の中とはいえ
不愉快だ。

でもね
「結婚」というタイトルだけでは 内容がわからなかったのだもの
仕方ないよね~
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク