「ディミティおばさまと聖夜の奇跡」  ナンシー・アサートン

主人公・ロリは 双子ちゃん(男の子)のママ。
アメリカ人だが 母の親友だった ディミティおばさんより
遺産を相続し コッツウォールド地方の家に住むことになる。
そのディミティおばさんとは 日記帳を通じて 語り合うことができるという
不思議な状態のようである。

クリスマス直前の慌しい時期に 家の前で ホームレスの男性が
行き倒れとなり 救助して病院へ運ぶ。
夫は 用事でロンドンに行ってしまい
クリスマス準備と双子の世話にかかりきりのはずが
どうしても そのホームレスのことが気がかりで
彼の経歴などを調べることに…

そのホームレスのスミッティは 昏睡状態にあっても
人を惹きつける何かを 持っているらしい。

(おっつ! とここで 私は 推理する)
 (もしかして 彼はキリストの生まれ変わり?)

彼がらみで ホームレスの宿泊施設を運営しているジュリアンという
カトリックの司祭とも知り合い
彼と一緒に スミッティの謎を解明していくのだが…
ロリは どうやら ジュリアンにも惹かれていくようだ~

(う~ん これは よろめきドラマ系の展開なのか?)

村は クリスマスに向けて 次第に盛り上がってくる~
教会での生誕劇劇や 近所の人を招いてのクリスマスパーティなど
日常性も 盛り込んでの 展開となっていく
同居している 義父との いい関係が楽しい。

どうやら この作品は シリーズものの 第4弾のようだ。

さて 私の推理は当たったのだろうか?(笑)




スポンサーサイト
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク