「女学生探偵と偏屈作家 古屋敷殺人事件前夜」  著=てにをは  イラスト=なのり

先に 楽曲と動画ありき~の作品だそうです。

偏屈作家の所へ入り浸っている女学生・花本ひばりは
推理を働かして 身の回りに起きた事件を解決へと導いていく。
それを誘導しているのが 久堂蓮真・推理小説作家である。

時代は 戦後15年経っているという表記があったので
昭和30年代半ばかな。
私の子供時代だけれど
この作品に漂うイメージは 大正か昭和初期っぽいかも。

でも スマホもパソコンもまだ存在しない時代であることは確か。

よくある設定だと思うけれど
登場人物に嫌味がないので すいすい読み進めることができた。
前作も読んでみようと思う。






スポンサーサイト
01 | 2018/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク