「京都の壁」  養老 孟司

ベストセラー作品。

作者は関東育ちで 長年東大に勤めていた関東人である。
そして今は 京都の「京都国際マンガミュージアム」の館長をされている。

私は関西人なので 京都は馴染みの深い街であり 大好きな街でもある。
さて 関東人である養老氏の目からみた京都とは?と
私にしては珍しくベストセラー作品を読んでみることにしたが。。。

京都に対する一般論が書かれていて
特に反論することもなく さらさらと読み進めていった。
すでに 見聞きしたことばかりだった。
ただ 感じたのは やはり 彼にとっては 関東が一番 東大が一番という
目線で京都をも眺めて描いているのだなあと思えた。



スポンサーサイト
07 | 2018/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク