「ショートソング」  桝野浩一

表紙のイラストから判断すると
若者向きのようではあったが 読むことにした。

面白かった~(^^)/

ハーフでハンサムなのに
内気で ださい大学生・克夫と
プレイボーイで短歌で有名な会社員・伊賀。
この二人の視点で交互に描かれていく。

明るい青春ストーリーだが
軸となっているのは 短歌であり
前編に色々な作者による現代短歌が
ちりばめられていて それが とてもいい感じ。
青春物なので 明るいセックス描写も多いが
ま それは それ。(笑)

そして
これまでも少し短歌に興味を持っていた私は
昨日から 短歌ノートを作り 勝手な短歌を書きとめ始めた。
短歌というよりは 短歌の形式を使った 自分の心のメモかな~

この作品中で 印象に残った短歌は。。。

さわりたいところではなくさわりたいところばかりをさわってしまう(これは マッサージ師女性の場面で)

「ライターになる方法をおしえて」と訊くような子はなれないでしょう

「複雑な気持ち」だなんてシンプルで陳腐でいいね 気持ちがいいね

掃除機の音で起きてもごきげんな1年ぶりの誕生日です


この作品中の短歌を見ていると

ただ 出来事だけではなく 自分の心が表されている
ユーモアのセンス

こういう要素が必要なようだ。







スポンサーサイト
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク