「サイバー・コマンダー」  福田和代

ネットによる争い 戦い?
私のネット知識では 想像もできない世界が描かれていて
理解できなかった。
一応全部読んだのだけれど。

でも これは現実に起こりうる危機かもしれない。




スポンサーサイト

「タワーリング」  福田和代

六本木にそびえ立つ 高層ビル「ウインドシア六本木」で起きた 
ビル乗っ取り事件が描かれている。

このビルのオーナーは 一人で最上階に住んでいる。
エレベーターの故障をチェックに来た際に もぐり混んだ数名により
社長は自室に拉致される。

犯人の要求は?

何故か あまり緊迫感はない。

それでも どうなるのかなあと どんどん読み進めていったが~

ラスト辺りでは 読者である私は
作者にずっと欺かれてきたようで あまり読後感は すっきりしなかった。

???が 残ってしまった。


「ゾーン 豊洲署刑事 岩倉梓」   福田和代

福田和代の作品は バラエティに富んでいて楽しめる。

今回は
新しくできた豊洲署の生活安全課所属の 岩倉梓が主人公である。
後輩の佐々(さっさ)と共に ストーカー 幼児虐待 幼稚園の内輪もめまで
様々な庶民の日常に関わる問題を解決していく。

彼女は クールなやり手ではなく
住民の心を汲み取ることができる優しい存在だが
自分では やり手ではないことを少々苦にしているようだ。

同僚も上司にも恵まれている。

こんなに親切丁寧に接してくれる警察官が
身近にいてくれればいいなあと思う。

子供の頃は近くに派出所があって 身近な存在だったが
今は 遠い存在となっている。
お世話にならないに越したことはないが(笑)





「S&S探偵事務所 最終兵器は女王様」 福田和代

あまり期待せずに読み始めたが
意外と面白く 一気に読めた。
なぜ 期待してなかったかというと
表紙が コミック風で
あまり好みのデザインではなかったから。

近頃
コミックスタイルの表紙絵が多いが
ジュニア向きなら ともかくも
そうでないのにも やたらと コミック風が増えていて
内容まで そうなのかと思えてしまう。

ところで内容は。。。
元 ハッカー その後警視庁勤め 退職したスモモと
元警察官だった しのぶの二人は IT関係の探偵所を開いているが
持ち込まれるのは ペット探しとか 浮気調査とか~

スモモの両親はスモモが9歳の時に
行方不明となったままである。

スモモとしのぶが暮らすマンションには
高校中退して 大学受験勉強中の透が
通いで 料理人としてやってくる。
そして 友人が勝手に送りつけてきた
ロボット・ジャスティス3号がいる。
これは 結構お役立ちロボットのようで
楽しい。


これの前の作品もあるようなので
読んでみよう。






「薫風のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート3」   福田和代

自衛隊音楽隊シリーズの第三巻。

成瀬佳音三等空曹他 音楽隊の面々のキャラクターが
楽しい明るい作品だ。

以前 音大を卒業して 主人公達のように
音楽隊に所属する女性と話する機会があったので
興味深く読めた。

シリーズ物なので 次も楽しみだ。

佳音を取り巻く男達の様子も描かれている。
いいなあ 青春。。。


10 | 2018/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク