「ユングフラウ」  芦原すなお

タイトルの「ユングフラウ」は ドイツ語で (若い女性)と言う意味で
スイスアルプスの有名な山である。
その美しい姿には私も魅かれているので
この作品を読むことにしたのだが。。。

登山の話ではなく
若い女性の暮らしを描いたものだった。

翠は20代のOLで
恋人の優太との仲も倦怠モード。
雑誌社の仕事では 結構有能のようだ。
なかなか 好感が持てる主人公だなあと
思って読み進めていったが…

担当している作家と不倫したり
仕事仲間と 軽く関係を持ったり
そしてまた
恋人と自分の親友が 実は昔からの仲が続いていたり~
と 言う風な展開で~

う~ん オバサンはもうついていけな~い。という感じでした。




スポンサーサイト

「猫とアリス」  芦原すなお

性格は 思いやりがあって優しいけれど
ハードボイルドな女性探偵が主人公。
39歳の笹野さんは 総合格闘技のジムに通っている。
仕事も有能なようだ。

笹野さんに思いを寄せている遠藤警部
やる気のない仕事仲間・ふーちゃん
凶悪な殺人犯~青蛇

などの力を借りて 事件を解決していく。
事件も解決法も かなりハードだけれど
登場人物たちの会話は楽しい。






「山越くんの貧乏叙事詩」   芦原すなお

団塊世代の作者の描く学生時代の仲間と暮らしぶり。
全共闘とも関わりなく 地味にひっそり楽しく暮らしている様子が
楽しく描かれている。

あまりに のんびりモードでつまらないかなあと思っていたけれど
友人達とのやり取り ほのぼのした学生生活が
とても楽しめた。






06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク