「カフェ・ルナール」 折口良乃

作者は2014年発行時には25歳だったので
まだ 26歳~ 若い!!

読みやすい文体だった。

横浜元町の汐汲坂の途中にある「カフェ・ルナール」は
自称「狐」の美人店長がいた。
大学生の菱川春明は そんな彼女に魅かれていく。

本当に狐が変身しているのか?
そっち系の作品なのか?
読み終わるまで 化かされないように気が抜けなかった(笑)




スポンサーサイト
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク