「若竹七海」  錆びた滑車

車内で読む本を図書館で借りるつもりで出かけたら
あら~ 図書館はお休みの日だったので
書店で購入することにした。

私の好きなキャラクターである 葉村晶のシリーズ最新刊があったので
迷わず購入。

長年続いている タフな女探偵シリーズである。
彼女も すでに40代半ばになったようだ。

刑事とも 相手の腹を探りあいながらも
やや友好な関係が垣間見える。

事件自体は 悲惨だが
被害者とのつかの間の心のふれあいなど
読み応えがあった。

今回も ドタバタ 大怪我 小怪我し放題の主人公であった。






スポンサーサイト

「柳屋商店開店中」 柳広司

2016年8月出版された 作者の25冊目の本で
長編小説ではなく エッセイ及び短編で構成されている。

これまで読んだ柳さんの作品は歴史上の人物を登場させて
ミステリー仕立てにしたものが多く 楽しめた。
この作品は どれも短いが 「柳屋商店」というタイトルに
ぴったりする内容だった。


「ロマンス」 柳 広司

昭和の初期。
まだ華族制度が生きていた時代の
二人の若者の物語。

麻倉清彬は 祖母がロシア人であった為
両親と共に海外暮らしをしていたが
自動車事故で両親を同時に失い
大伯父に引き取られる。
大伯父である周防高輝は天皇とも親しくしている政府の要人である。

清彬は
学生時代からの友人・多岐川嘉人(伯爵家の長男)の妹万里子に
恋心を抱いている。

タイトルにある「ロマンス」はたしかに存在するが
清彬は激動の昭和初期の政治・天皇・華族の廃止問題など
重大な案件に振り回される。

登場人物は少ないが
スケールの大きい作品である。
一気に読むことができた。













「花ひいらぎの街角 紅雲町珈琲屋ごよみ」  吉永南央

「お草さんシリーズ」6作目。

主人公は70代半ばの和服を日常着にしている
珈琲や器の店の店主です。

今回の話は 草さんが昔なじみと50年ぶりの再開を果たし
彼が若い頃書いた作品を書籍化するという話。

印刷会社のトラブルに 持ち前の好奇心で首をつっこみ
少々おせっかいを焼く。
実際にこんな女性が身近にいたら
たぶん 迷惑だなあ~おせっかいだなあ~と
思うこともあるかと。

でも作品としては 地味に楽しめて愛読している。
店を手伝ってくれている若い女性久美ちゃんが
さわやかで現代っ子らしくて良い。






「御子柴くんと遠距離バディ」  若竹七海

御子柴くんが登場する作品としては 3作目。
御子柴くんは 長野県警から警視庁へ出張中である。
相棒の竹花刑事とは なかなか相性が良いらしい。
でも 御子柴くんは大怪我をした後 諸事情により
長野県の千曲川警察署勤務となる。
のんびりした土地なので 何も事件など起こりそうにないが
とは言うもの やはり小説なので~
予想以上にたくさんの事件が絡み合い
偶然のオンパレードで 読んでいる私は 少々疲れ気味。

キャラクターは好きなんだけれどねえ。。。











10 | 2018/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク