「隠蔽捜査6 去就」    今野敏

このシリーズは全て読んできた。
竜崎信也は 息子の不祥事の為に
エリート路線からはずれ 大森署の署長に降格となっているが
与えられた場所で 真摯な態度で仕事に励んでいる。

部下を信頼し
上からの圧力にもめげない
理想的な警察官のようだが
それでも やむなく上からの指令に
従うこともある。

今回の事件は
ストーカーがらみの殺人事件で
見当違いな捜査になろうとしたが。。。

現実には
こんなに うまく行かないことも多いと思うけれど
読み物としては 楽しい。





スポンサーサイト

「遠い国のアリス」  今野敏

500円の図書券が当たったので
さて どんな本を買おうかな~と
書店で本探しをしていたら…
今野敏には不釣合いな
可愛いコミック調で少女のイラストが描かれていたので
思わず手に取り~購入した。

売れっ子少女漫画家の菊池有栖は
不思議な世界に迷いこむ。
いつもと同じ環境 知人に囲まれているので
違和感がある。

それは パラレルワールドだそうで
ただのファンタジーではなく
難しい 物理学理論なども交えながら
うん これって あり得るのかもしれない~と
楽しく読むことができた。
自分の身に起きたら 絶対イヤだけれどね(笑)







「豹変」  今野敏

富野は警視庁生活安全部・少年事件第三係の巡査部長である。
相棒は5歳年下の有沢。

14歳の少年少女たちが 3人が
突然 狐憑き状態となって 事件を起こす。

この事件を 御祓い師らしい 鬼龍とその仲間の協力を得て
解決していく。

狐憑きになる原因は
一応科学的に説明されているようだが
お祓い自体は 呪文を唱えるので
やはり あまり科学的ではないような~

現実に起きている 不可解な事件も
こんな風に お祓い師がうまく解決してくれるといいのだけれど。


「精鋭」  今野敏

今野敏の刑事物のファンなのだが
この作品は 警察官・柿田が普通の交番勤務から
機動隊~SATになる為の 訓練日記のような感じなので
嫌な内容ではないが 私には特に興味のある内容ではないし
何の事件も起こらないし~ ちょっとつまらなかった。


「自覚 隠蔽捜査5.5」  今野敏

隠蔽捜査シリーズ7冊目かな~?
竜崎信也 キャリアでありながら
息子の不祥事の為に警察庁勤務から
大森署長へと左遷になるが
どこにいても変わらぬ真摯な態度で
犯罪に取り組んでいく。

あまりにもまっすぐで
それでいて 部下にも好かれ
いい影響を与えている。

・・とカッコ良すぎの気もするが
暗い部分が少ないので 安心して読むことができるシリーズだ。

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク