「鳥居の密室 世界にただひとりのサンタクロース」 島田荘司

彼の作品の主流をなす登場人物は 御手洗潔である。
シャーロックホームズーワトソンに倣って
彼の相棒は長らく 石塚先生であったが
今年 2018年8月出版のこの作品では
御手洗さんは 京大の学生で 石塚さんは登場していない。

そして舞台も横浜ではなく
京都なのだ。 時代設定は何時なのだろう?

相棒のような存在で登場するのは
予備校生~大学生となる サトル。
その友人 楓の家族に関わった事件の真相にせまっていく。

なかなか興味深い展開で楽しめた。
京都の地名は なじみがあり
自分の脳内で その風景が描けるので よけい楽しい。

キーワードは「共震動」と
現実に存在する 京都の鳥居と家屋との共存風景である。




スポンサーサイト

「さまよえる古道具屋の物語」  柴田よしき

う~ん
なんだか とっても
複雑で幻想的というか 哲学的というか~
そんな感じを受けたのだけれど
ラストの展開では それなりに理解できたかな。

突然 幻のように出現する古道具屋と
そこで無理やり不思議な買い物をした人達の話です。

登場する商品は
さかさまに絵が描かれた絵本
穴のあいたエプロン
金色の豚(貯金する穴がふさがれている)
とってのないバケツ

読んでいる私の方が さまよってしまうような内容だった。
それにしても 奇妙な店主の顔が
忍者ハットリ君に似ているというのは。。。




「風味さんのカメラ日和」   柴田よしき

風味は 東京での暮らしに見切りをつけて
ふるさとに戻ってきて 実家の洋菓子屋の手伝いをしている。

友人の叔父さんが講師となっている 「カメラ講座」の
参加者が少ないというので 参加することになった。
講師の知念大輔は イケメンで なかなか性格も良いようだ。

カメラの初歩技術の説明も書かれていて
超初心者の私にも参考になる箇所もあった。

彼らの撮った写真を通じて
講座の生徒たちの 悩みの原因を推測したりして
解決へと導いていったりもする。

とても短い作品なので
少々中途半端な気分になったが
これからも続いていくのかもしれない。







「 鉄道旅ミステリ2 愛より優しい旅の空」  柴田よしき

前作の「夢より短い旅の果て」は3年前に読んだ。
この作品には 全国の色々な路線が登場してくるが
前回は知らない線ばかりだったが
今回は旅したことのある路線が出ていたので
楽しく読めた。

主人公の香澄は突然姿を消した叔父を探す旅をしている。
路線ごとに かなりマニアックな部分も述べられているので
鉄子さんではない私には ちょっと退屈な部分もあった。
鉄道が縁で恋人になった男性も登場してくるが
叔父探しのストーリー自体は もやもやしているような~

歌う電車「京急電鉄/東京モノレール」
青い蝶の空 「南阿蘇鉄道高森線」
避暑地の幻「中央本線~小海線」
希望の海(1) 「東北本線~那須電気鉄道」
希望の海(2) 「釜石線~山田セン~三陸鉄道北リアス線」
線路は続く







「となりのセレブたち」   篠田節子

  「トマトマジック」 ドライトマトだと思って料理教室で使ったら それは クレージーエッグプラントというもので
             自分の真の欲望を夢に見るという。 
             普段の夢でも ぞっとするような内容もあるのだから
             こんなものは食べたくないかも~

 「蒼猫のいる家」  夫と義母と娘の暮らしだが 主婦である主人公はバリバリ仕事人間で
             うまくいっていると思っていたが そうはいかなかった。

 「ヒーラー」     これは 後味悪いのだかったのだけれd
             妙に心に残ってしまうストーリーだった。
             海に棲息する「吹き流し」という生物は
             女性には美容に役立ち 男性には 別の用途で 重宝されるようになり
             やがて それを使用した男性たちは 無気力になっていき。。。
  
「人格再編」     認知症で凶暴になった女性に 人格再編処置という手術をすると
            信じられないほど 穏やかな性格に変わった。
            だが 性格があまりにもよくなりすぎて 娘は不信感を抱く。。。
            
「クラウディア」  クラウディアという大型犬との奇妙な山小屋暮らし

  以上の5編が納められている。

 小説としては よくできているのかもしれないが  
 どれも読後感が あまりよくなかった。







  

10 | 2018/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク