「サーベル警視庁」  今野敏

今野敏 初の明治警察モノ。

明治38年夏
日露戦争真っ最中
連続して殺人事件が起きる。

岡崎という巡査(警視庁・第一部第一課)の視点から事件が描かれていくが
メインキャラクターは 鳥居忠重警視。
旗本の家柄で伝法な六方言葉を話す。

警視の部下とのやり取りなどは
今野敏が描く現代の警察モノと同様の流れと通じる物がある。
ゆるい感じだが 楽しく読める。
ただ明治時代 戦争の最中なので
軍隊の勢力が強く 今の我々には 少々理解しがたい部分もある。
これからシリーズになっていくと思うので 楽しみにしている。








スポンサーサイト

「隠蔽捜査7 棲月」 今野敏

隠蔽捜査シリーズ7

竜崎伸也 東大卒のキャリアで 警察庁総務課長として
第一線で働いていたのだが わけあって 今は大森署の署長をしている。

今回の事件は ハッカーと 問題少年の殺人事件。
どうやら双方は繋がっているような?

部下を信頼し 上にはへつらわず
わが道を行く 竜崎も キャリアでありながら
左遷され 所轄の署長をしている間に
丸くなってきたようだ。
でも 今度は別の部署へと栄転する予定。
このシリーズ まだまだ続いてほしいものだ。




「中野のお父さん」  北村 薫

久しぶりの北村作品。
表紙イラスト通りに明るい。

大手出版社に勤める 田川美希が主人公。
仕事の苦労話や愚痴ではなく
仕事がらみなどで沸いてきた疑問を
実家の父(国語の教師)に相談すると
たちまち解決してくれる~という 楽しい話である。

私は父とは あまり話しをしたことも ましてや
何かを相談したこともなかったので
こういう父と娘の仲良し関係には
シンクロしにくかったが 今は 母と娘も友だちのように
仲良い関係が多いので 父娘でもあり得るのかもしれない。
それとも 中年オヤジ(娘あり)の切ない願望なのだろうか?






「シャルロットの憂鬱」  近藤史恵

犬は子供の頃飼っていたこともあるし
嫌いではない。
だが 犬を溺愛する人達の思考にはついていけない~と
日頃思っているので 犬が主体のこの物語にも完全に同調することは
できなかったが それなりに楽しい展開で楽しめた。







「寮生ー1971年、函館。」  今野敏

警察シリーズが多い作者の
珍しい青春ミステリー。

函館で 憧れの寮生活を始めた高校生が主人公。
寮内で起きた 屋上からの飛び降り死事件。
前回のは自殺と断定されたが 今回のは?
真相を突き止めようとする 一年生達。

あまり緊迫感は感じられない。
作者が描きたかったのは 事件そのものより 
寮生活のことかもしれない。

函館の風景を背景に
青春ドラマとして映像化されたら楽しいかもしれない。





07 | 2018/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク