「波濤の城」  五十嵐貴久

女性消防士が休暇で船旅をしている時に遭遇した
豪華クルーズ船の事故の話。
同じ主人公の前作を数年前に読んだことがある。

主人公の「神谷夏美」は恋人との船旅のはずが
相手に急にキャンセルされ 上司である「柳雅代」と
「メモリ・オブ・レインボー号」に乗り 神戸発釜山行きの
船旅を楽しむ予定だった。

運悪く台風に遭遇し
船長の判断ミスもあり
船から脱出するはめに陥る。
あちこちで火災も発生し
パニック状態の中
二人の消防士は大活躍する。

勇敢な女性は頼もしい。

映画「ポセイドン・アドベンチャー」にインスパイアされ
実際の海難事故も参考にして 構成されている。

映像ではなく文章だけで大惨事を描くのは
本当に難しいと思う。
読んでいる私も 過去に見た映画などの映像と
ダブらせていた。

だいだい想定内の展開だったが
面白く読み進めることができた。









スポンサーサイト

「あの子が結婚するなんて」  五十嵐貴久

女子校仲間の一人が結婚することになり
主人公初め 仲良しグループが そのお手伝いをする。
イマドキの結婚イベント準備のお話である。

何十年も前の私達の頃の結婚式・披露宴などの段取りは
ほとんどが本人達で考えていったと思う。

この作品では
主人公・七々未及びブライダルメイトと呼ばれる新婦側友人が活躍する。
男性側は アッシャーと呼ぶそうだ。

女子校特有のグループ意識は
私も女子校出身なので ある程度理解できる。
どんなに仲が良くても
先に素晴らしい条件の人との結婚が決まった友人
それも 絶対自分の方が先に結婚すると思い込んでいた友人なので
先を越された焦りや ねたましい気持ちは
やはりあると思う。
主人公は 良い性格なので そういう部分を前面には押し出してないけれど
それでも ちらほら 垣間見えるのは 現実味があって良かった。

私も女子校時代の仲間内では 独身最後の二人のうちの一人となり
お見合い回数をこなした友人の方が 私より数ヶ月早く ゴールインしたのだった。
あの頃の あせり気分を ひさしぶりに思い出した。














「1981年のスワンソング」   五十嵐貴久

近過去にタイムスリップするお話し。

社会人である主人公は
コンビニで買ったサンドイッチを握り締めたまま
2014年から 1981年へとタイムスリップする。
場所は同じ所にいるらしいが
この過去において 彼はまだ生まれていない。

もっと遠い過去 江戸時代などだと
小説としては 慣れているので
あまり違和感を感じないが
自分が知っている時代だと
なんだか 変な感じがする。

60代の私にとっては
1981年は ちょっと昔~くらいの感覚であり
現在も過去も両方とも 知ってしまっているのだから。

公園でライブしていた若者と知り合い
彼らからアニキとしたわれ
何とか その日暮らしできるようになり。。。
やがて
2014年頃 それより少し前くらいに流行った曲を
コピーして 歌っていると
それが 音楽関係者に認められ
曲として 発表されていく。

う~ん
やっぱり こういうのって
少しひっかかるなあ~
と思いながら
ざっくりざっくり 読み終えた。







「盗まれた視線 吉祥寺探偵物語」  五十嵐貴久

このシリーズ5作目の「消えた少年」を先に読んでしまったのだが
そちらに登場しているダサオとの出会いが描かれていたので
やはり順序どおり読んだ方がよかったかも。

刑事の工藤から 姪の護衛を頼まれる。
どうやら ストーカーに狙われているようだ。
推定される犯人像が 次々変化していき
なかなか 面白い展開だった。

吉祥寺というエリアを
実際に知っていたら
もっと楽しめるのに 残念。




「吉祥寺探偵物語・いつかの少年」  五十嵐貴久

このシリーズ 5作目だと思う。
4作目以外は ずっと読んできたので
登場人物のキャラクターや設定に なじんできたので
楽しく読めた。
今回は 息子の ファーストラブストーリー。
川庄の職場であるコンビニのバイト・ダサオの
片思いも描かれている。

ちらりと出没して 強烈な個性を放つ・おかまの京子ちゃんの
存在は 結構楽しめる。
馴染みの刑事・工藤の暴走ぶりは 現実にはあり得ないなあとは
思うものの ドラマのエンディングだったら いいかも。。。





10 | 2018/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク