「東尋坊マジック」   二階堂黎人

旅行社勤務の 水乃紗杜瑠(サトル)と 美並由加里は
ツアーの下見の為 福井県の東尋坊を訪れた。
そこで殺人事件に遭遇したのだが
その時使われたのと同じ銃(マカロフ)で
大阪での殺人事件が起きたという。

この謎を追求するために
探偵もどきの活躍をしていく。

行動も言動も軽いサトルのイメージは
内田康夫氏の浅見光彦を連想させるものがある。

スリルやわくわく感は全くなかったが
結局最後まで読んでしまった。。。





スポンサーサイト
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク