「シュリーマン旅行記 清国・日本」 ハインリッヒ・シュリーマン /石井和子 訳

シュリーマンと言えば
あのトロイア遺跡の発掘で知られているが
それより6年前に 世界旅行の途中で 中国と日本にも
立ち寄っていたのだ。
このシュリーマンの見聞記が書かれたのは1865年で
翻訳されたのは1998年である。

日本には3ヶ月ほど滞在しただけだが
とても詳しく幕末の江戸の様子が丁寧に描かれている。
何もかもが彼の本国である英国とは違っていて
驚きの連続だったようだが
おおむね好意的な解釈がされている。
以前ペリーの書いた日記も読んだことがあるが
どちらかというと高圧的なイメージがあったように記憶しているが
こちらは 読んでいて心地が良い。






スポンサーサイト
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク