「研修医純情物語 先生と呼ばないで」  川渕圭一

37歳で医師となった作者の自伝的小説。

身近に医師の知り合いはいないので
私にとっては 医師の世界=大学病院の研修医の実態とは
なるほど こういう感じなんだ~と興味深く読むことができた。

本人のあとがきにも書かれているように
ここに描かれている出来事はほぼ事実ではあっても
~それは「僕」の目というフィルターを通して見た世界である。

だから 医師の立場から見たら 反論も多々出てしそうな内容だと思う。
研修医である主人公の感じた「なんか変」な出来事は
何年も経験を積むと そうではなくなってくるのかもしれない。

教授回診にばかり気を使い
堂々と他の病院でアルバイトをする。
患者のことより 研究心のほうを優先する医師 などなど。

これまであまり医者の世話にはならなかった私も
これからは そういうわけにもいかなくなってくるお年頃~
だから 良い先生 良い病院にめぐり会いたいと切に願う。


スポンサーサイト

「窓際ドクター 研修医純情物語」  川渕圭一

作者は 様々な経歴を経て後
37歳で京大医学部を卒業し 現在もドクターであり
そしてその経験を生かして 「研修医純情物語 先生と呼ばないで」で
デビュー。これは その続編である。

これまでも現役医師の小説を読んだことがあるが
患者や病気のことばかりで 小説として面白いと思った物は少ないが
これは ストーリー構成もちゃんと考えられていて 楽しく読め
読んだ後もさわやかな気分になれた。

新米のドクター・藤山真吾が病院の同じフロアで出会った「あの人」のことや
主人公との関わりが描かれている。

「あの人」は 中年ドクターで 「窓際ドクター」と陰口されている。
自分の手のあいている時間は デイルームと呼ばれる 患者が面会者と会ったり
くつろいだりするスペースにいることが多い。
そして患者の良き話し相手になってくれている。

そんな彼のやることは
他の医師や看護士にも受けが悪いようだ。
だが 真吾はなぜか惹かれるものを感じて
次第に打ち解けていく。。。

患者にとって理想的に思える 「あの人」ではあっても
現実には やはり そういう医師ばかりだと
病院は成り立たないだろうと思う。
でも こういう ほっと生き抜きできる空間 ドクターがいるというのは
うらやましいなあとも思う。

なかなか楽しめたので 同じシリーズの作品を読んでみようと思う。


03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク