「ドミトリーどもきんす」   高野文子

高野文子さんのコミック作品は「るきさん」他を読んだことがあり
その のほほんとした自然体のキャラクターは気にいっていたのだが
これは コミックではないと思う。
たしかに とも子さんときん子ちゃんという母娘が登場するコミック形態ではあるのだが
内容が 笑いをそそるものではなく 
湯川秀樹 朝永振一郎 牧野富太郎 中谷宇吉郎という科学者さんたちの紹介である。
とも子さんが ドミトリーの寮母さんで
その2階には 4人の学者さんが若い頃住んでいた~という設定なのだ。

この きん子ちゃんは 幼いのようでもあり なんでもわきまえているようでもあり
なんだか 年齢不詳のようだ。(前々可愛くないし・笑)

と言う感じで
この本の目的があまりわからないのだけれど
この4人の偉い人たちが 同じ時代に生きていたということは 理解できた。
なんだか不思議なスタイルの読み物だ。




スポンサーサイト
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク