「彼が通る不思議なコースを私も」   白石一文

図書館の返却棚からチョイスしたので
全くストーリーの見当はつかなかった。

澤村霧子は
友人達の修羅場(自殺未遂)現場で 見かけた男性・椿林太郎と
合コンで再会した。
そして 付き合い 結婚。。。
彼には 目の前にいる人の寿命がわかるという。

林太郎は一人の児童に関わりすぎた為に問題となり教師をやめ
自分で体操教室を開く。
霧子の方も仕事で忙しくなり~

読みやすく 面白い部分もあったのだけれど
意外な展開についていけなかったかもしれない。

スポンサーサイト
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク