「植物図鑑」  有川 浩

もちろん 図鑑ではなくて小説です。
でも 植物 特にいわゆる雑草と呼ばれている草が
たくさん登場してきます。

主人公は 20代のOL・さやか。
1人暮らしをしているが
ある日 若い男性を拾ってしまう。

「イツキ」という名前しら名乗らない謎だらけの男性と
一緒に暮らすようになる。
彼は やけに草花に詳しく
近場で採ってきた植物を使って
料理も作ってくれるのだ。

よく小説などでは
男性に都合の良い献身的な女性が登場するが
この作品はその反対で
とても役に立ち 無害な男性なのだ。

私は 自分と正反対の
積極的な女性の人物の方が好きなので
さやかのような 依頼心の高い
料理もできない女性は
あまり好みのヒロインではないけれど
まあ 楽しめたと思う。








スポンサーサイト

「県庁おもてなし課」  有川 浩

高知県に実際にあるという「おもてなし課」の奮闘を描く
緩やかストーリー。

県庁「おもてなし課」のメンバーと
元県庁勤務で 過去に退職に追いやられた過去を持つ人物と
その娘 義理の息子がメインキャラクターである。
義理の息子は いまや 高知県出身の有名作家となっている。
彼の鋭いアドヴァイスを受けて
おもてなし課の 若手職員「掛水」と 臨時職員の「多紀」が
皆をリードしていく。

高知弁は テレビで龍馬役の俳優さんが話すのを
よく聞いているので 活字で読んでも 割とすんなり入ってくる。
それに 昨秋 初めての高知旅をしたので 興味深く読むことができた。

のんびり ゆったり 高知県の自然を想像しながら
楽しむことができた。
ミステリー性はないので 刺激はないけれど。。。






「ヒア・カムズ・ザ・サン」  有川浩

古川真也 30歳 出版社で編集の仕事をしている。
彼は 品物や場所に残された 人間の記憶が見える~という
特殊な能力を持っていた。

主人公は 真也のようではあるが
実際にこの物語で重要なのは 彼の同僚である「大場カオル」と
その父親である。
アメリカで大成功した脚本家「HAL」が
実は20年前に分かれた カオルの父親だと言う。
その彼が帰国するというので カオルと真也は空港へ向かえに行くことになるのだが…

この作品の後半には
別の終わり方をする parallelの部分がついている。
私は続けて読んでしまったので
なんだか 変な後味になってしまった。
読まない方がよかったのかも~という感じ。

この物語のメインが
彼の特殊能力なのか カオルの物語なのか~
どちらかというと カオルの話の方がポイントが高いので
彼の能力云々は やや弱まっているような気もする。





「ラブコメ今昔」  有川 浩

自衛隊に勤務する人たちが主人公の作品です。
タイトル通り全てラブストーリーなので楽しいです。
でも ミステリー要素は ほとんどないので
ハラハラ感がなく 展開が誰にでも予想できてしまいます。
ただ自衛官の実態は 一般人にはあまり知られてないので
そういう点では 興味深い部分もありました。

上下関係が厳しいとかは 私の好きな刑事物とあまり変わりませんが
この作品では 内部の衝突・対立・もめごとなと一切書かれてないので
自衛隊に対する高感度アップ効果はあると思われます。

私は20年前の震災で 自衛隊のお世話になって以来
すでに高感度は持ち合わせています。


ラブコメ今昔
軍事とオタクと彼
広報官、走る!
青い衝撃
秘め事
ダンディ・ライオン~またはラブコメ今昔イマドキ編


巻末に出ていた筆者の写真を拝見して~
あれっ 又思い違いしていたわ。
有川さんって女性だと思っていた。。。
ネットで検索したら
やっぱり女性でした。
でも この写真って ちょっとまぎらわしいかも(笑)






「シアター!」  有川 浩

そこそこ人気はあるけれど採算の取れていない劇団の物語。

春川司の弟・巧は 小さい頃はいじめられっ子で 兄である司がいつもかばってやっていた。
役者だった父親の影響で 演劇方面に才能のあった巧は 今では小劇団を率いている。

巧から借金を申し込まれた司は 2年間の期限内に返済できなければ 劇団をつぶす~と
いう条件で貸すことにした。
そして経理・経営面の全てにチェックを入れ始める。
アニメですでに名を売っている 羽田千歳が入団してきて
その知名度を頼りに 宣伝活動にも力をいれて…

劇団の世界は 私にとっては 全く未知の分野だけれど
楽しく読むことができた。

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク