「古書店主」  マーク・プライヤー   BOOKSELLER MARK PRYOR

舞台は現代のフランス。
パリのアメリカ大使館の外交保安部長である ヒューゴーは
知り合いの古書店主の不審な死の真相を求めていく。
友人である 元CIA員のトムや カフェで知り合った女性の協力も~

セーヌ川の橋の上の一部のエリアでは
「ブキニスト」と呼ばれる 古書やポスターなど観光客向けの商品を売る屋台のような店が並んでいるそうだ。
これは16世紀から続いているそうだ。

そして この作品では
古いブキニスト達が ある人物によって追い払われ
そのうち何人かがセーヌ川で死体となって発見される。

遠い昔に訪れたパリの光景を思い出しながら
そして 主人公がアメリカ人であることも楽しみながら 読み進めていった。

ただ 犯罪の内容は 特に凝った展開はしていなくて
そういう部分では やや退屈してしまった。

スポンサーサイト
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク