「ローカル線で行こう!」  真保 裕一(しんぽ ゆういち)

村おこしやローカル線おこし(?)など
最近こういう ローカル物をよく読んでいる。

たいてい のんびりモード 和気藹々
所により 反対派が出てきて~
というパターンが多いが
この作品は かなり速いテンポで展開していく。
ちょっちょっと 待ってえ~~(>_<。)~
と読むのがしんどくなるほど…

元JRの路線が地元の管轄になり
赤字が増えていくばかり~
そんな会社に飛ばされた県の職員・鵜沢哲夫(副社長)
そして 新幹線の客室アテンダントから大抜擢されて社長となった 篠宮亜佐美
交互に それぞれの視点から描かれていく。

猫が駅長さんになる時代だから
こんな抜擢も夢ではないのかもしれない。
彼女はかなりのやり手で やる気のなかった人達をも その気にさせ
イベント列車などで話題をさらっていく。
なにより 元アテンダントの女性社長というだけでも マスコミの注目度は抜群である。

列車好き
ローカル好きの私には けっこう楽しめる作品だった。



スポンサーサイト
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク