「貧乏お嬢さまのクリスマス」(英国王妃の事件ファイル6)   リース・ボウエン

英国王室の親戚となる 伯爵家のお嬢さま・ジョージーだが
父親が浪費したせいで 兄家族と共に貧困生活を送っている。
クリスマスを 意地悪な姉と過ごすことから逃れる為に
新聞の求人広告で 「良家の子女を急募」に目がとまり
早速応募して採用された。
仕事はクリスマス・パーティの招待客を接待すること。

この作品は まだエリザベス女王が少女だった頃という
時代設定だが 主人公のジョージーは明るく楽しいお嬢さまだ。

今回は殺人と思われる事件が たくさん起こるので
その点は どうかと思うけれど~
英国の伝統的なクリスマスの行事の様子が
楽しく綴られていて興味深い。

ジョージーと恋人 ダーシーとの仲も 進行中。

このシリーズ まだまだ続いていくといいなあ。。。





スポンサーサイト

「貧乏お嬢さま、吸血鬼の城へ」 (英国王妃の事件ファイル4)  リース・ボウエン

英国王室の親戚にあたるお嬢さま・ジョージーは
なぜか 貧乏生活を送っている。

英国王妃の内密の依頼で
これまでにも 色々の事件を解決してきたが
今回は王室を代表して ルーマニア王家の結婚式に参列することになった。
花嫁になるマリアとは 学生時代の友達だった。

挙式前の晩餐会で
ブルガリア軍に司令官が殺害される。

ジョージーの恋人は
アイルランド貴族の息子・ダーシーだが
彼も又 貧しい暮らしをしている。
そして謎の仕事もしているようで
結婚はしないと宣言されている。

吸血鬼伝説が囁かれる古い城を舞台に
まるで役に立たないメイドを抱えながらも
果敢に事件を解決していくジョージーの活躍は
とても楽しめた。








「貧乏お嬢さまと王妃の首飾り」(英国王妃の事件ファイル5)  リース・ボウエン

貧乏お嬢さまのシリーズ第5作目。

1930年代のロンドンを舞台に繰り広げられる
王室の親戚だけど 貧しいお嬢さま・ジョージーの暮らしぶりを
楽しく描いているシリーズ。

今回は舞台が フランスのニースなので
いつもよりは 華やかで
お嬢さまらしい生活ぶりもあり
楽しく読めた。

実在の人物である王室の方々に加えて
今回は あのココ・シャネルも登場している。

ニースで
ジョージーがお近づきになった男性が
殺害され お嬢さまに疑いがかかってくる。。。



「貧乏お嬢さま、空を舞う」  英国王妃の事件ファイル3 リース・ボウエン

貧乏お嬢さまシリーズ第三巻。

公爵令嬢であるジョージーは (王位継承34位)
なぜだか貧乏で ロンドンで一人暮らしをしている。
メイドの仕事を始めたが なかなかうまくいかない。
新しい仕事~旅行者の案内業~を始めるが これも又トラブルの元となる。
王位継承者に続々と不審な事故がおき
彼女はそれらをそれとなく調査するようにと警視庁から指示を受け
実家であるスコットランドに一旦戻ることに…

これはフィクションではあるけれど
王室のメンバーは 私でも知っている実在の人物だし
可愛い子供時代のエリザベス女王も登場していて楽しい。

「押しかけ探偵」  リース・ボウエン

前作の「口は災い」の方が面白かったような。

アイルランドで殺人を犯した(かもしれない)モリーは
ニューヨークへたどり着いたものの なかなか職にありつけない。
そうだ! 探偵になろう~と思いつき
無理やり探偵の助手になろうとするが…

後半はストーリー展開が速くなってきたが
前半はのんびりモードなので やや退屈。
でも恋人になりかけていた刑事との間にも
障害があり~ロマンスの面では これからも楽しめそうなので
たぶん 続編も読むかも。。。


04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク