「調律師」  熊谷達也

ピアノの調律師が主人公の話は
初めて読んだと思う。
私自身も年代物のピアノを持っていて
調律を頼んだことがあるので
その作業など様子を目に浮かべることができて
わかりやすかったが
専門的な細かい部分は ちょっと難しかった。

鳴瀬はピアノの音から匂いを感じることができる。
以前は色を感じていたのだが
やはり調律師をしていた妻が亡くなってから
妻と同じように 匂いを感じるようになった。
そして 彼は交通事故にあうまでは
ピアニストであった・・・

亡くなった妻への思いが いつまでも消えない鳴瀬は
有能な調律師でありながら 寂しく生きている。

それぞれ違うピアノを調律する7編から構成されているのだが
5作目の後 東日本大震災が起き
その後の作品に大きな影響を与えたという。

私は音を聴いても 色も匂いも全く感じないけれど
色を感じるという人の話は聞いたことがあるので
やはり匂いを感じるという人もいるのかもしれない。

スポンサーサイト
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク