「下町探偵局」 PARTⅡ  半村 良

この作品は書かれたのが1984年
この文庫本でも1999年と ちょっと古い作品です。

タイトルの のんびりしたモードそのままの内容で
スリリングな事件やどろどろした場面もなく
この探偵事務所に勤務する人やご近所の人との
なごやかな風景が描かれている。

スマホはもちろんのこと
携帯電話もパソコンも登場しない探偵局だ。

彼の作品では
「およね平吉時穴道行」という江戸時代のタイムスリップ物が
とても印象に残っている。
タイムマシーンではなくて タイムトンネル~時穴~で移動するのが
楽しかった。ずいぶん昔に読んだのだけれど その楽しい余韻が
いまだ残っているような。
スポンサーサイト
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク