「ローラ・フェイとの最後の会話」  トマス・H・クック

この頃の海外の人の名前表示では
THOMAS は 「トマス」となるのねえ~
トーマスさんではないのねえ。

田舎町でしがない食料品店を経営する父親に対して
息子のルークは頭が良く 上昇志向だった。
父親の殺害事件 母親の死を経て
ルークは街へ出て やがて 二流の学者となった。

講演会場に訪れてきたのは
かつての父の愛人 ローラ・フェイだった…

登場人物が極端に少なく
後半は ローラとルークの会話のみになるので
わかりやすいと言えば そうなのだが
すっきりと奥の方まで 見通せた~という実感が
何故かわいてこなかった。

じんわり じっくり読ませるストーリー展開。
スポンサーサイト
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク