「フラッガーの方程式」  朝倉秋成

一風変わった設定のストーリーである。

高校2年生の東條は 帰宅部で 活動的ではなく
かなり平凡な毎日を送っている。(私の次男のようなタイプ・笑)
そんな彼の前に 突然 セールスマン風の男が現れ
「フラッガーシステム開発プロジェクト シナリオ編成・広報・営業担当 村田静山」という
名刺が差し出される。
どうやら 「フラッガーシステム」という商品のデバッグテストの参加者になってほしいらしい。
デバッグとは プログラムなどの修正作業のことのようだ。

さて このシステムを一言で言い表すなら
「誰もが現実において、物語の主人公になれるシステム」だそうで…
(これを使わなくても 自分の人生では 誰でも自分が主人公だと思うのだが)
ま とにかく そういう設定で
彼の周りには 突然変な現象が起き続ける。

コミックのようで…
あほらしいようで…
どんな不可解な状況に陥っても
意外と 冷静に対処していくこの主人公には 好感が持てて
最後まで 読むことができた。



スポンサーサイト
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

のりりん

Author:のりりん

かうんたー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク